株主じゃなくても使える株主優待券!お得に旅行するなら使ってみよう!

- スカイマークの株主優待券を使って旅行する

新着情報

▶2014/07/11
スカイマークの株主優待券を使って旅行するの情報を更新しました。
▶2014/07/03
余ってしまった新幹線回数券を売る方法の情報を更新しました。
▶2014/07/03
高価な贈り物の定番、航空券ギフトの情報を更新しました。
▶2014/07/03
優待券を使ってスペイン村の旅行ツアーを組もうの情報を更新しました。
▶2014/07/03
人気のあるHIS旅行券で自由旅行をするの情報を更新しました。

スカイマークの株主優待券を使って旅行する

スカイマークの株主優待券を持っていたとしてどのような流れで利用する事が出来るのでしょうか?
株主であれば年に1回〜2回株主優待券が自宅へ送られてくると思います。

優待券を利用する事でスカイマークが販売しているフライトのチケットの普通料金から半額で引いた分で購入する事が出来るのです。
普通料金からの半額というのはなかなかのお得さなのですが、これは優待券を持っているからなので、株主である事はこのようなお得がついてくるのですね。
スカイマークを利用して国内旅行をする際には優待券で格安でフライトのチケットを買う事が出来るのですが、実は株主でなくても優待券を入手する方法はあるのです。
株主でないのに優待券を持てるというのは一体どういう事でしょうか?
まずはスカイマークの株主優待券は金券ショップやANA・JAL株主優待券買取ならACチケット、ネットオークションから探す事が出来て、そこから株主でないのに購入する事が出来ます。
販売される時期などで価格は変動すると思いますが、6000円から1万円で入手する事は出来るでしょう。
また有効期限が近付いてきている!という場合でしたら更に安くで購入出来るかもしれませんが、ただ安くなっているというだけで期限を見ないで購入するのは危険ですので注意しましょう。
せっかく買った優待券を使えないままでただの紙になってしまうというのはもったいない事になります。
これらの方法でも自分で探して優待券を購入するという方法になるのですが、自分で手配などが出来ない!という人も中にはいるでしょう。

その場合は実はスカイマークの株主優待券を利用してそこからフライトのチケットを購入予約、発券を全てサービスで行ってくれるという代理の会社があります。
このような会社を利用すれば自分で手配する事なく、任せたままなのに優待券を利用してフライトのチケットを購入して国内旅行のプランを立てる事が出来るのです。
もちろん代理の会社は一つではないので値段の比較などをするとより格安で見つける事が出来るという事にもなるのですが、この場合では手数料というものは発生すると思います。
しかし旅行したい日程を伝えるだけで全て手続きは済ませてもらえるのはとても便利ですし、旅行はしたいけれども自分では手配が出来ないという場合ではこちらの方法を取った方がいいと思います。
もし自分で手配などが出来る!という人の場合は自ら優待券を金券ショップやネット販売、オークションから見つけて予約も全て済ませる方が安くはつきます。
このように株主ではないけれども株主優待券を使えるというのはとても嬉しい事ですし国内旅行の予算に合わせてプランする事が出来ると思います。